即日融資を実現する為の注意点

急に現金が必要になった時に役立つのが、キャッシングやカードローンです。
これらのサービスは近年便利さを増しており、インターネットからの申し込みなどで、即日融資が受けられる様になっています。
つまり、現金を調達したいと思ったその日の内に、契約を完了させてお金を借りる事が出来るのです。
ただ、このサービスを申込む時に必要となる書類や、覚えておいた方が良い事柄がいくつかあります。

まず、本人確認の為の書類は必ず必要になります。
本人確認書類には、運転免許証や健康保険証といった住所が記載されている公的なものが指定される事がほとんどです。
また、本人確認書類以外にも、2ヶ月分以上の給与明細が必要になる場合もあります。
これは、安定した収入を得ている事を確認する必要がある為です。
自動契約機での申し込みの際も、こうした書類が必要になるので、事前に準備しておいた方が良いでしょう。

なお、収入証明書に関しては借入金額によっては不要となるケースがあります。

※追記
収入証明書についてはこちらのサイトに、体験談が書かれていますので、参考にするとよいでしょう⇒即日融資のカードローン初体験(外部リンク)

一般的には50万円を超える借入を申込まなければ、収入証明書は不要となる場合が多くなっています。
ただ、他の消費者金融で既に借入があって、その合計金額が100万円を超えている、あるいは更なる借入を行うと合計金額が100万円を超える場合、収入証明書が必要になるケースもあるので、可能であれば事前に用意しておく事が望ましいでしょう。

この他に、申込書類には本籍を記入する欄があります。
特に自動契約機ではその場で記入しなければならないので、先に確認しておく事が望ましいと言えます。
この様に、即日融資が可能と宣伝されている消費者金融でも、ケースによっては必要となる書類などが異なって来ますし、それらに不備がある場合はその日の内に契約が完結しない場合もあるのです。

また、借入金の使用用途なども具体的に答えられる様にしておく必要があります。
抽象的な理由では通らない場合もありますので、「バイクの購入資金」とか「親族の結婚の祝い金」といった具体的な理由を述べられる様にしましょう。
さて、こうした事を見ると、一見気軽に申込めるように見える消費者金融のカードローンも、やはりしっかりした手続きを踏まなければ契約する事は出来ないのだとわかるのではないでしょうか。
消費者金融との付き合いは、信頼関係が重要となります。
ですので、こうした念入りな確認作業が必要となるのです。

特にしてはならないのは、お金がどうしても必要だからと年収を大目に申請したり、他の金融機関の借入をごまかす様な嘘をつく事です。
こうした虚偽の申請はすぐに見抜かれてしまいますし、そうなると契約する事が出来なくなる可能性もあります。
逆に、現在背負っている借金や、月収を正直に答える事は消費者金融に好印象を与えることがあるので、申請は正直に行った方が自分にとってもプラスになると言えるでしょう。

この様に、カードローンを申込む際は注意点があります。
しかし、多くの方が即日融資を実現しており、実際に役立つサービスとしてカードローンは多くの方に喜ばれています。